健康な女性であれば誰でも訪れる生理

生理は健康な年頃の女性であれば、毎月必ず訪れます。しかし、生理には生理痛がつきものです。なかに全然感じない方もいるようですが、日常生活に支障が出るほど辛い思いをしている方もいます。
この生理痛はどうしておこるのでしょうか。女性に生まれたから仕方ないと諦めていませんか。生理痛のメカニズムを探って原因を探し生理痛とどうやって向き合っていくか考えて見ましょう。

生理痛の原因

あまりにも強い痛みがあったり、月経量が多くなってきた方は、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などの可能性も考えられますので、一度、産婦人科のお医者さんに相談した方がよいでしょう。
その他、生理時に子宮内膜から『プロスタグランジン』というホルモンが分泌されます。このホルモンは、きちんと月経血を体外にだすために必要なものなのですが、多すぎると必要以上に子宮が収縮して子宮の血のめぐりが悪くなってしまい、その結果、痛みがおこるといわれています。
また、ストレスや過労、不規則な生活やバランスのとれていない食生活も自律神経の失調状態をおこし、痛みをひどくすると考えられています。

生理痛の対策

生理通には冷えが一番の大敵になりますので、体を冷やさないようにすることです。痛みがひどい時にはお風呂にゆっくり浸かりお腹や腰を温めてください。痛みはだいぶ緩和される思います。
鎮痛剤を飲むのを効果的です。癖になるからと飲まない方も多いようですが、そのようなことはありません。鎮痛剤は痛みが出る前に飲むのがコツです。痛みが出てからだと効き目がありません。それから、鎮痛剤は、宮まで成分が届きやすいイブプロフェン製剤がいいでしょう。 さらに、骨盤のずれが生理通に影響していることもありますので、一度、整体へいって骨盤を見てもらった方が良いと思います。

スポンサードリンク